ネットワークカメラの使い方

ネットワークカメラでは動作検知録画機能や通知機能がある

問題がなければ録画しないから、無駄がありません。
アナログの防犯カメラや監視カメラの場合に、問題があったところのシーンにたどりつくのが大変です。
そのデメリットを解消したのがネットワークカメラです。
モーションセンサー機能があれば、人物や物の動きを自動的に検知して録画がスタートします。
 
録画する使用領域を最小限に抑制できます。防犯用途だけで使用する場合は、無駄な時間が生まれかねません。
また長時間の録画ができるのもメリットです。検知した際は携帯端末に通知できるので、素早く確認できます。
 
例えば、夜中のオフィスの防犯対策に利用できます。不審事物の侵入検知ができます。
セキュリティ対策がグンとアップするのです。
不審な動きを検知した場合には映像を保存して、メールで通知します。夜間専用レンズ搭載カメラを設置しておけば暗い場所でも鮮明に映ります。
 
無人の駐車場を監視する場合も効果的です。モーション検知機能があれば、駐車場への侵入検知を行えます。
不審者を検知したときには画像を保存してメールで通知することも可能です。